Home 鍼灸・手技で!



時間に追われ、ついつい

「これぐらいそのうち治るだろう・・・」

「(首・肩・腰)のこんな痛みくらい・・・」

と、痛みや不快感を我慢していませんか?

下記のような症状があれば

ぜひ一度ご来院下さい。

今まで治らなかった方も諦めないで下さい。

我慢をし過ぎると、慢性の痛みにより治療が長引き、いろいろな病にもつながります。

早めの治療で、痛みも少なく期間も短く済ませましょう!

ポキポキ!バキバキ!などの「恐怖や痛み」を感じる施術はありません。

多くの患者様の施術経験を軸に「効果的で尚且つ痛みのない治療」を行っていきます!





鍼灸の効果の研究は、各地にある研究所、医療機関、鍼灸大学、短期大学などで

意欲的に進められております。

総合的には、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、

その結果、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の

改善等の作用があり、ひいては、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に

働きかけるのではないかと考えられています。


また、古来より認められている鎮痛効果の解明も次のような諸説があります。

1、ゲートコントロール…針刺激が脊椎において痛みを抑制する。

2、エンドルフィン…針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。

3、末梢神経の遮断効果…針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。

4、経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。

5、血液循環の改善…筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。


一般に、鍼灸療法は肩こり、腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか

効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります。


 ← WHO(世界保健機関)が

 ← 有効性を認めた病気一覧


お問い合わせ

↑上に戻る